TOP > 会社概要 > 社長挨拶

社長挨拶

今日わが国では、情報化、IT化し効率化されたシステム社会が到来しつつあります。一方、少子高齢化社会を迎え、安全で安心、快適な人間社会の実現が望まれています。

当社は、1976年3月に当時の国鉄浜松工場内に浜松交通機械株式会社という名称で、0系新幹線の廃車解体を受け持つ会社として発足しました。JR東海発足時、機械設備関係業務を集約した上で、東海交通機械株式会社と社名を変更し、JR東海グループ企業の一員として、お客様の安全、快適を第一に業務遂行を行ってまいりました。主な業務は、新幹線電車や在来線電車の検査・修繕、及び駅の出改札装置、エレベータ・エスカレータ等の昇降機、空調設備等の設置工事や検査であり、高い品質の確保を目指しています。

現在は、東海道新幹線の主力車両であるN700A新幹線電車の部品製作も行っています。更にチケット予約と出改札の煩わしさを大幅に軽減した新幹線エクスプレスカードシステムのEX−IC関係、TOICAカード等のICカードに関するシステム改修にも携わるなど、業務範囲も拡大し、高度な技術力が求められる状況に有ります。技術の進歩に乗り遅れることの無いよう、技術研鑚に努めて行くことが求められています。

当社は、JR東海グループ企業の一員としての自覚と誇りを持ち、お客様へ安全と安心をお届けすることを第一に、社業の発展を目指してまいります。

代表取締役社長 小松 宣之